薬膳トントン豚*バラ

食薬アドバイザー・管理栄養士sannのゆるゆる*元気ライフ!

夏季*五臓*五行

f:id:yakuzenntonn:20210502231653j:plain

夏季節は、心臓の働きがそれぞれ肺・肝・腎・脾臓に影響が大きいですね。


その中でも心臓と腎臓は、陰と陽で言う五行に当てはまると心臓→火・腎臓→水の関係にあるので影響は、1番出る関係の臓器なんですよ。


なので


お互いのバランスが不安定になると不眠・動悸・カラダがダルい重いなどやる気が起きない・イライラ・腰・膝の痛みなど症状が出ます。


夏の体調は、発汗による体液の消耗・体内栄養の消耗・脾と胃の消化機能低下(胃液分泌の減少)に睡眠不足もプラスされ食欲がなくなる状態になりやすいです。


つまり!


カラダの中では、栄養の収入より消費する支出が多くなるの季節でもあります。

夏バテが起きるのそのためなんですね。

分かると対策や対応への意識に変わって来ますよ(╹◡╹)♡




夏*邪気*心(臓)

f:id:yakuzenntonn:20210430074551j:plain

今日は、夏に起きる3つの邪気についてのお話デス。

気の流れは、陰と陽など中医薬膳の中にも出てきますがそのなかで夏に体内で起きるのが「暑邪」「熱(火)邪」「湿邪」の3つ!

字をみると分かるように邪気は、カラダにダメージを与えますね。


では、どんなものか?!

まず!


①「暑邪」元気の気を消耗させます。暑の気は、体内に入ると発熱・多汗・イライラ・口の渇き・カラダがダルい・やる気が起きないなどの症状がでます。


②「熱(火)邪」ココロや心臓を乱します。体内に入ると気持ちが落ち着かない・怒りやすくなったり・冷静な対処できなくなる。"血が騒ぐ"状態ですね。顔面紅潮・赤目・喉が腫れる・頭痛・精神不安定など酷くなるとうわ言・痙攣・お通じにも影響がでます。


③「湿邪」気の性質がネバネバした感じですね。体内に入ると特に上半身がだるく更に体の奥に入ると胃・脾臓の働きを低下、お腹が張ったり下痢気味などを起こします。


このように夏・体調不良の原因を大きく3つに分けることができます。

中でも「暑」「熱」は、心の臓器に影響するので暑いときに気分が優れなかったり心に影響が出るんですね。


心臓は、臓器の働きとともに心(ココロ)の働きの二面性がありますからこれから夏本番に備えていきましょう!


次は、夏の備えについての話をしていきたいと思います(╹◡╹)♡

目*チェック*ときどき

f:id:yakuzenntonn:20210429075415j:plain

40代以上の失明原因一位が緑内障

新聞記事から気になる話題をピックアップ

目の機能は、左右で補えるので進行しないと視野の欠如に気づかずと言うことが多いそうです。


確かに!


私は、眼鏡を使っているのでときどき眼科にお世話になることあるので眼底検査してますが大切なチェックだったんですね。


さらにコロナの影響からパソコン画面や携帯画面を見る機会も増えて目をよく使うので目の健康にも意識しましょう。


さて!薬膳学から豆情報♪

よく陰と陽の五行の話しからです。


目と影響がある臓器と言えば肝臓なのでどちらかに症状があるときには、ちょっと気にかけるといいですね。


あと感情面では、怒りが傷をつける影響が出る臓器でもありますから


今、生活面などイライラしやすい状況化になりやすいと思いますが気持ちがカッとしそうなとき3秒数えるそれだけでもココロにゆとりがでますよ。


コップの水を溢したら戻せないのと同じで感情も同じですね。

一日も早いコロナの収束を願います。

出来ることを協力しながらお互いに頑張りましょう!

(╹◡╹)♡