薬膳トントン豚*バラ

薬膳アドバイザー・管理栄養士sannのゆるゆる*元気ライフ!

春*啓蟄*甘酒

f:id:yakuzenntonn:20210305171013j:plain

今日は、3月5日は、二十四節気の「啓蟄」です。

 

冬ごもりしていた虫が土の中から出て春の活動が始まったよと春を知らせてくれてるんですね。

 

つまり!

 

体内の中でも冬から春モードにシフトチェンジしますから体調の管理が大切です。

ムリせずちょっとおかしいなと感じたらカラダをリラックスさせてあげましょう。

美味しいもの食べたり美しい自然を見たりするのもいいですね。

 

この季節は、雨も降ったりと肌寒さも感じますから"飲む点滴*ホット甘酒"もおすすめですよ♪

 

手作りでも簡単に出来ます!

必要なもの米麹とお湯炊飯器コレだけ

 

①炊飯器に米麹と60℃お湯入れる

②保温6時間

③完成

 

天然甘味が最高の甘くて美味しいうまうま甘酒の出来上がり♪

あまりの簡単さにちょっと感動!

 

ぜひ!よかったら

一度、挑戦してみてください(*´∇`*)

三月*春風*持病

f:id:yakuzenntonn:20210228171315j:plain

今日から3月です!

はやいですね。

あっという間に3ヶ月目に突入です。

 

さて、3月は、春の陽気が一段と活発になるので持病が出やすい季節でもあります

 

例えば、ぎっくり腰や持病の再発が多発など症状が悪化しやすいなどなど

予防対策がとても大切です。

 

"春は、風に乗ってやってくる"と言う言葉があるように

風には、2つのタイプがあります。

 

①外から吹く風がインフルエンザなどを運んでくる風と

体内で起きる気持ちの不安や上半身が揺れるような状態を引き起こす風です。

 

どちらも肝臓との関係が大きく左右してまきます。  

 

つまり!

 

肝臓の活動が活発になるのは、良いことですが活動が行き過ぎると肝臓を傷つけてしまうと言うことです。

 

車に例えるとブレーキ「陰」とアクセル「陽」の働きをする肝臓なんですね。

なので春に対応したメンテナンスとても大切です。

 

肝臓の働きを助ける食材と働きを抑えで補う食材を選び酸味の取り過ぎに注意!

酸味は、肝臓と春に最も影響があるからですね。

 

①「陽(アクセル)」働きを助ける食材

*ネギ・生姜・ナツメ・落花生など

②「陰(ブレーキ)」補う食材

*昆布・豆類・百合根・白菜など

③「陽"アクセル)」抑える食材

*セロリ・春菊など香りが強い野菜など

 

あと春は、ついうっかりと昼間の暑さで薄着になりやすく夜になると急激に冷え込みカラダを冷やしなど体調の不調にもなりやすいです。

 

まだまだ寒暖差も大きいですから体を冷やさないように温めてゆったりとした時間を持つようするといいですね(*´∇`*)

食材*冷凍*保存

f:id:yakuzenntonn:20210225153134j:plain

「豆まめ情報」

 

役立つ!使える!ラクラク!!

クッキングをサポート♪

 

冷凍食のプロ"ニチレイ"さんのホームページは、役立つ情報満載です。

 

https://www.nichireifoods.co.jp/media/freezing/

 

料理で大変なのが準備だと思います。

働いている方ならなおさらですね。

一から調理は、手間もかかるけれど下処理したものや食べきれない旬の食材がある時など一回分ずつ冷凍保存して置くと、とても便利!

 

料理時間の短縮がOK♪

 

そして、美味しい"ごはん"がムリせずに食べれるのがいいです。

冷凍保存は、私の美味しいごはんアイテム!強い味方ですね(*´∇`*)