薬膳トントン豚*バラ

食薬アドバイザー・管理栄養士sannのゆるゆる*元気ライフ!

春*カラダ*活動開始④

f:id:yakuzenntonn:20210123150648j:plain

「春の食生活*ポイント9」

 

①春菊・ふき・セロリなどクセのある野菜を多めに食べる。

*春は、肝臓が主役なので体内活動が活発になり過ぎたときに抑えるブレーキの働きがあります。

 

②血液のバンク肝臓にほうれん草など血液を増やす食材と肝臓と影響がある胃を保護するキャベツなどを多めにとる。

 

③ワカメや昆布の海藻は、多めにとる。

*体内から老廃物の排出促進をサポートします。

 

生姜・シソなどで毛穴を開き皮膚から解毒「辛温解表薬」といいます。

*カラダを温めてカラダ表面の皮膚から体内の老廃物を排出する作用のことです。

 

⑤脂肪分の多いものは、減らす。

*体内には、冬に滋養蓄積しているものを春からの新陳代謝に使い活動するから

*ここで必要以上に栄養を取ると体内で余分な老廃物を作る原因になります。

 

⑥温かい食事を食べるように心がける。

*カラダを冷やして毛穴を閉じないためと新陳代謝をアップするためです。

 

⑦香りのよいお茶や果物も食べる。

*気の流れは、気持ちがよくなることで肝臓の働きもスムーズになります。

 

⑧旬の春野菜を多く食べる。

*春の野菜には、体調を整える働きを持つ食材が多いです。

 

⑨肝臓と酸味の働きは、影響がする関係です。酸味の物は、体に良いですが例えば「酢」など取りすぎると胃酸過多や胃炎・胃潰瘍の原因にもなりますから気をつけたいですね。

 

ざっくりと春の食生活に意識して食べるこれだけで元気に楽しい過ごせお手伝いが自分でできます♪

 

この時期だからこそひとり1人できることで健康を守っていきましょう(*´∇`*)